いびきと睡眠時無呼吸症候群のページ

いびき◇睡眠時無呼吸症候群〜睡眠障害

最近、クローズアップされている「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」について紹介しています。

 
  “朝、目覚めたら隣にいるパートナーに充血した目でにらまれた”
    
  “社員旅行での事、気づいたら布団ごと廊下に出されていた”
      
   「何でこんなひどい目に遭うのか」と思ったことでしょう。
   
  しかし、ひどい目に遭っているのは あなたではなく、
      周囲の方だったんですね。   これは笑い話ではありません。

    "豪傑 の鼾声(カンセイ)雷の如し 白河夜舟の高いびき”
              なんて慰められても困ります。
   

    いびき? 睡眠時無呼吸症候群 ? 全く記憶にないことです!


     睡眠中のコントロール不能状態での出来事なのですから・・・・・。

  いびき ・ 睡眠時無呼吸症候群 などの睡眠障害を調べてみました。


home > 睡眠◇癒し〜快適生活 > いびき◇睡眠時無呼吸症候群


      いびきって? ・・・・ 睡眠時、空気の通り道が塞がれるために発生する雑音。
                 
           睡眠段階2〜4のノンレム睡眠の時に起こり、段階1のノンレム睡眠や
           レム睡眠時にはかかない。呼吸の際に出入する空気が、鼻や口から咽喉を通る時に
           軟口蓋を振動させることで発生する症状。
     
           ノンレム睡眠中に、筋緊張が緩むことが原因であり、肥満の影響やアルコール摂取、
           老化現象による影響などが考えられる。最近では、睡眠時無呼吸症候群が多く発症し、
           高血圧などの原因にもなっている。


      睡眠時無呼吸症候群って?・・・・・睡眠中に無呼吸になる病気。

           睡眠時無呼吸は大別すると閉塞型(気道が閉じる型)と
                                中枢型(呼吸指令がでない型)に分けられます。

       ・ 閉塞型無呼吸症・・・・・10秒間の呼吸の停止状態(気道閉塞)が1時間に5回以上発症する
                       場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
                       夜間の低酸素血症を繰り返すことによる心循環器系の合併症
                        (高血圧・肺高血圧・肺性心・不整脈・虚血性心疾患)や
                       中枢神経系の合併症(低酸素脳症・認知障害・乳頭浮腫・脳血管障害)
                        などが認められる。

          閉塞型の治療
           軽症の場合・・・・ダイエットによる生活指導
                          側臥位(横向きスタイルの寝姿勢)※抱き枕の利用
           重症の場合・・・・特殊マスク(CPAP)による陽圧呼吸療法
                          マウスピースによる下顎後退防止療法
                          外科的治療(CPAPに効果が認められない場合)
                          薬物療法(呼吸促剤アセタゾラミド・プロゲステロン)
                                (筋緊張剤三環系坑うつ薬)


       ・ 中枢型無呼吸症・・・・中枢性無呼吸状態(閉塞でない型)睡眠時に何回も目覚め
                       てしまう。息を吸おうとあえいだり、窒息しそうになったりする。

          中枢型の治療・・・・閉塞型無呼吸症に比べて比較的軽度な場合が多い。
                          不眠や過眠の自覚症状を伴う症状では、
                          特殊マスク(CPAP)による陽圧呼吸療法
                          薬物療法(アセタゾラミド・アナフラニール)を使うことがある。

      睡眠時無呼吸症の自己チェック・・・・・@毎晩大きないびきをかく
                             A睡眠中に呼吸が止まると指摘
                             B息苦しくて目が覚める
                             C昼間の著しい眠気
                             D起床時の頭痛




     睡眠障害って?・・・・・睡眠の病気の総称。6つのカテゴリーに分類できる。

    T ・ 不眠症(入眠障害・・・寝つきに時間がかかり、苦痛に感じられる)
             (中途覚醒・・・夜中に何回も眼が覚めてしまう。加齢の影響を受けやすい)
             (早期覚醒・・起床予定時刻の2時間以上前に目覚めてしまい、その後眠れない)
             (熟眠障害・・・睡眠時間は充分でありながら不満足。ノンレム睡眠が浅い)
        
        薬原性不眠症(常用している薬剤の副作用による不眠症)
        
        身体疾患性不眠症(気管支喘息、更年期障害、アトピー性皮膚炎、疼痛に伴う不眠症)
        
        精神疾患性不眠症(気分障害、不安障害、精神分裂病による不眠症)
  
        生体リズム異常性不眠症(昼夜逆転、夜間せん妄等による不眠症)

    U ・ 過眠症(ナルコレプシーに代表される睡眠発作症)

    V ・ 概日リズム睡眠障害(時差ボケ等に代表される体内時計異常)

    W ・ 睡眠呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群)

    X ・ むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害(むずむず症、こむら返り、睡眠まひ等)

    Y ・ ねぼけ(睡眠時遊行症・・・徘徊や錯乱性覚醒、夜驚症、夜尿症等)




  
     
   
   睡眠障害対策12の指針
 
    @睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ充分
        睡眠の長い人、短い人、季節でも変化します。加齢と共に睡眠は短くなります。
  
    A刺激物を避け、睡眠前には自分なりのリラックッス法
        就床4時間前のカフェイン摂取、1時間前の喫煙は避けましょう。
        軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、アロマ、ストレッチは効果的です。

    B眠たくなってから床に就く、就寝時刻にこだわり過ぎない
        眠ろうとする意気込みが逆効果になってしまいます。

    C同じ時刻に毎日起床
        早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じます。

    D光の利用でよい睡眠
        目覚めたら日光を取り入れ体内時計のスイッチオン。夜の照明は明るすぎない。

    E規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
        朝食は心と体の目覚めに重要、夕食は軽めに。運動習慣は熟眠を促進。

    F昼寝をするなら15時前の20〜30分
        長い昼寝は、ぼんやりの元。夕方以降のうたた寝は睡眠に悪影響です。

    G眠りが浅いときには、遅寝・早起きに
        寝床で長く過ごしすぎると熟眠感が減ってしまいます。

    H睡眠中のいびき・呼吸停止・足のぴくつき、むずむず感は要注意
        背景に睡眠の病気が隠れているかも、専門医に相談してください。

    I充分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に
        日中の眠気は生活に支障をきたします。車の運転には要注意。

    J睡眠薬代わりのアルコールは不眠の元
        寝酒は睡眠のレベルを浅くして、夜中に目覚めてしまいます。
   
    K睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
        アルコールとは併用しないで下さい。     
                                      (厚生省 睡眠障害ガイドラインより)






 

               睡眠負債測定テスト



    設問:あなたは昼間、次のような時に眠ってしまいますか?  0〜3点の範囲で( )に記入してください。
  
  0点:眠くならない  1点:たまに眠ってしまう  2点:割と眠ってしまう  3点:ほぼ確実に眠ってしまう

 
      @ 座って本や新聞を読んでいる時           (  )

      A テレビやDVDを見ている時             (  )

      B 劇場や会議の席など、他の人もいる場所で    (  )
                   何もしないでじっとしている時   

      C 1時間程度、車に乗っている時           (  )
                  [運転をせずに同乗している時]

      D 午後、ずっと横になっていてもよい時        (  )

      E 座って誰かと話をしている時             (  )

      F 昼食の後、じっとしている時  [飲酒をしないで] (  )
                        
      G 車を運転中、渋滞に巻き込まれ           (  )
                      数分間停車している時

                                  合計(    )点   



             
              *20〜24点 : 深刻な状態の睡眠負債
               
               11〜20点  : 重度の睡眠負債
                 
                 6〜10点  : 中度の睡眠負債
   
                 5点以下 : 軽度の睡眠負債


       *睡眠負債…累積された睡眠不足のこと。
   
     普段8時間睡眠をとっている人が5時間しか眠らなかったら
                      3時間の睡眠負債を抱えたことになるという睡眠負担のこと。




  マイページ

     TOPページ  「睡眠◇癒し〜快適生活」      「いびき◇睡眠時無呼吸症候群〜睡眠障害」
    
     「快眠のための環境づくり」               「たかが枕、されどまくら、やっぱりマクラ」
     
     「寝具のいろいろ〜気になる羽毛ふとん」      「寝具のいろいろ〜気になる羊毛ふとん」
    
     「寝具のいろいろ〜気になる真綿」           「寝具のいろいろ〜気になるポリエステル」
    
     「寝具のいろいろ〜気になるコットン・わた」     「快適〜アレルギーやアトピーの改善」
    
     「快適〜カイロプラクティック」              「快適〜サプリメント」
     
     「快適〜ジュースで野菜補給」             「快適〜ウォーキングでメタボリックの解消」
    
     「快適〜炭のある暮らし」                「快適〜風水で簡単に収納」

     「快適〜ベランダ菜園の基礎知識」          プロフィール

  
  おすすめリンク集

    リ ン ク 1   リ ン ク 2   リ ン ク 3   リ ン ク 4   リ ン ク 5

        リ ン ク 6   リ ン ク 7   リ ン ク 8   リ ン ク 9   リ ン ク 10

    リ ン ク 11   リ ン ク 12   リ ン ク 13   リ ン ク 14   リ ン ク 15
   



Copyright(C)   「睡眠◇癒し〜快適生活」  All Rights Reserved